×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  歴史

歴史

創業明治42年(1909)、氷業から始まる。
嶋田 当与、当与 夫妻が冷夏で売れ残った小豆をもったいなく思い
アイスクリームを作る桶に保存し(氷を下に入れお塩を振ると-28℃程になり
桶を二重にする)明朝、桶の蓋を開けてみると、周りが凍っていたので食べてみた。
少々甘いので砂糖を減らしもう一度桶に入れて廻してみた。
20分、30分たち桶が重くなってきたので蓋を開けてみると、
そこに“大変美味しいもの”があった。
早速、真向かいの髪結いさんのところへ試食に持っていくと
たちまち無くなってしまった。品名を聞かれてもわからない。
困っているところへ
裏の蔦堀井の旦那さんで「こくりょう」という人が僕が名付け親になってやろう。
あずきの羊羹を小倉羊羹というから
小倉アイスが良かろう。と言われ
小倉アイス と命名された。