創業100年 店内案内 おしながき ご注文 アクセス お問合せ トップページ

変わらない味を継続し続けて

  やっと100年・・・。

    そしてもっと100年


「小倉アイスの由来」

 大正4年(1915年)、ある夏の日曜日。
みつばち創業者嶋田当与が氷あずきの種が残ったのでもったいなく思いアイスクリームを作る桶に貯蔵してみた。

 明朝、桶の蓋を開けてみる、なっなんと、周りが少し凍っていたので食べてみた。それは、今まで食べたことのない味だった。

 

 少々甘いので、砂糖を減らし、種の中に入れて廻してみた。
10分が経ち20分、そして30分が経ったその時、蓋を開けてみた。
そこには、キラキラしたものがあった。口に入れてみると大変美味しかった。

 早速、真向いの髪結いさんのところへ試食に持って行くとたちまちなくなってしまった。

 品名を聞かれてもわからない。困っている所へ、裏の蔦堀井の旦那さんで、こくりょう 
という人が現れた。僕が名付け親になってやろう。

あずきの羊かんを小倉羊かんというから、小倉アイスが良かろうと言われ、

 小倉アイス と 命名された。

みつばち


100周年を記念して濃厚な

黒糖アイスを作りました。

少量の黒糖がちりばめられている

所がたまらない食感を味わえます。

ぜひご賞味ください。

 

 

 


(R) COPYRIGHT 2009- MITSUBACHI-CO.COM